リビングウィル(尊厳死宣言) 終末期医療は公正証書に

当コラムでは度々、高齢化に伴う相続の問題を取り上げていますが、今回は高齢化による終末期医療、特にご本人が望む尊厳死について説明したいと思います。

リビングウィル(尊厳死宣言) 終末期医療は公正証書に

最期の時、ご本人やご家族の精神的負担を少しでも減らすことができそうです。

自分が「いよいよ」という時にどうするか

高齢でご病気を持っている方は、ご自身に最後の時が来た時にどうするか。

  • 延命をするかしないか
  • どのような治療方法を選択するか

そして延命治療の方法は、

  • 人工呼吸器をつけるかつけないか
  • 胃瘻(いろう)をつけるかつけないか

など様々で、どの程度延命するかが変わってきます。

こういったことをお考えの方は多く、必要以上の延命治療を望まない--尊厳死--を希望される方が増えています。

最後の時にご家族で揉めてしまうことも

ご本人が一部の家族と「尊厳死にする」と決めていても、いよいよ最後という時に来た別な家族が「延命してほしい」と医師に依頼するなどといったことがあり、揉めてしまうことがあります。

当然、医師はこういったことに口を挟むことはできませんが、「延命してくれ」と言われて断ることもできず、希望されるがままに延命措置を行って、結果的には亡くなったご本人のご希望に添えなかった、といったことにもなりかねません。

また、延命する、しないといったことに全く触れることなく危篤に陥ってしまう方はそれ以上に多いので、ご家族の混乱は一層多く、少しでも生きる可能性を、と延命措置を行い、亡くなった後に「これで良かったのだろうか」という後悔の思いを持たれる方もいらっしゃいます。

こういったことをできるだけ少なく、亡くなる方ができるだけご自身の意思を尊重できるように進められているのが、この「リビングウィル(尊厳死宣言)」です。

尊厳死宣言公正証書(リビングウィルカード)とは

リビングウィルカードとは、ご自身の最後の時にどのような医療措置、特に延命措置を施すかを公正証書にしたものです。

このリビングウィルカードは、医療機関への強制力はないものの、ご自身の意思を公正証書にすることで、できるだけその希望に沿う医療が期待できます。

現在、多くの医療機関がこのリビングウィルカードの作成を後押ししており、地方自治体などでもセミナーが開催されることもあるようですので、ご興味のある方はお聞きになってみるといいかもしれません。

患者、家族の気持ちに寄り添って

気をつけなければならないのは、病状の変化とともに、患者ご本人とご家族の思いが変わることです。

例えば「新しい治療方法ができたようなのでそれを試みたい」などといった場合は、ご家族がよく話し合った上で、速やかに医療機関に伝え、すでに公正証書として提出しているのであればその内容をどうしていくかを決めていく必要があります。

ただし、一字一句、形にとらわれる必要はありません。もっとも重要なのは、ご本人ができるだけ穏やかな最後を迎え、ご家族ができるだけ悔いのない気持ちで看取ることができることです。

そのための一つの手段として、リビングウィルを考えていかれたら良いかと思います。

弁護士法人法律事務所DUONは、茨城県下全域で、遺言書や相続などのご相談をお受けしております。どのようなご質問でもお気軽にご連絡ください。初回相談料は無料とさせて頂いております。

弁護士による茨城県エリア 相続・遺言相談

明確な料金提示で不安を抱かせません。

お客様本位の相談システムでお待ちしております

  • 土日祝日・時間外もご予約で相談可能です。
  • 前日・当日のご予約も空きがあれば可能です。

お電話でのお問い合わせ新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019

相談予約受付時間:24時間(年末年始除く)

初回相談無料(時間制限なし)まずはご相談ください

他事務所においては、所定の無料相談時間を超過した場合に、有料相談になる料金体系を採用している事務所がありますが、弊事務所ではそのような無料時間の制限はありません。

メール・FAX24時間受付

まずは無料相談をご利用ください。

初回相談無料(時間制限なし)

相談予約受付時間:24時間(年末年始除く)

お電話でのお問い合わせ新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019

メール・FAX24時間受付

詳細はお問合わせ下さい。

守谷取手本部事務所
水戸ひたちなか事務所
つくば土浦事務所
日立北茨城事務所