相続関係 親子の縁を切れるのか

親子の関係は非常に濃密なものなので、関係がこじれてしまうと決定的に修復が不可能になってしまうこともあります。
「自分の遺産を子に譲りたくない」とおっしゃられる方もいらっしゃいます。

 

相続 親子の縁は切れるのか相続にかかわらず、親子の関係は良好であるのが一番です。

 

親子関係 縁を切ることはできるのか

日本の法律では、原則として、実親と実子の関係を切ることはほぼできません。

実親と実子は被相続人と相続人の関係にあります(※)から、たとえ遺言書に「すべての財産を次男Aに譲り、長男Bには何も相続させない」などと書いたとしても、Bが実子であれば、原則として、相続権があり、遺留分の請求をする権利があります。

※相続人が重大な刑罰に処せられる等して相続権を欠格するまたは排除(廃除)され、相続権を失うこともあります。

相続権が存在することを前提に考えてみよう

このように、いくら遺言書に書いたとしても、被相続人の意思のみによって、相続権を喪失させることは困難です。

そして、それどころか、その遺言書が元で親族でトラブルになってしまうことも考えられます。

「相続=争族」とい言われる所以です。それほど相続はトラブルがつきものなのです。

ですので、相続権は失われないということを前提に、以下のような方法を行っておきましょう。

遺言書を作成しよう

遺言書にはどのように遺産を分割するかを書くのかは自由です(遺留分を侵害する場合に、死語、遺言書の内容通りに遺産が分配されないことがあります)。

遺留分を侵害する場合でも、遺留分権者がそれを行使しなければ、遺言書通りに相続が実現します。

遺言書に自分の希望する通りの内容を記載するのも一つの方法です。。

 

実際の相続前に専門家に相談しよう

相続問題が起きる前に、遺言書の内容を含め、一度専門家に相談すると良いでしょう。特に遺留分を侵害する可能性がある場合は、死後にどのような展開が予想されるのか等を知っておくことは、関係者にとって有益です。

また、身内だけですとどうしても感情的になってしまいがちですが、第三者が立ち会うことで、冷静に状況を見ることもできるかもしれません。

良好な関係は相続トラブルを減らす

相続人同士はもちろん、相続人と被相続人の良い関係は、将来的な相続トラブルの可能性を減らす大切なことです。

「関係が悪くなって長年会ってない子どもがいる」などお子様との関係が疎遠でも、必ず相続の時に関わってくるのが親子関係ですので、お心当たりがある方は、一度専門家にご相談されると良いかと思います。

弁護士法人法律事務所DUONは茨城県全域で、多くの相続問題を解決して参りましたので、ご遠慮なくご相談ください。遺言書の作成方法のアドバイスもしております。初回相談料は無料とさせて頂いております。

 

弁護士による茨城県エリア 相続・遺言相談

明確な料金提示で不安を抱かせません。

お客様本位の相談システムでお待ちしております

  • 土日祝日・時間外もご予約で相談可能です。
  • 前日・当日のご予約も空きがあれば可能です。

お電話でのお問い合わせ新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019

相談予約受付時間:24時間(年末年始除く)

初回相談無料(時間制限なし)まずはご相談ください

他事務所においては、所定の無料相談時間を超過した場合に、有料相談になる料金体系を採用している事務所がありますが、弊事務所ではそのような無料時間の制限はありません。

メール・FAX24時間受付

まずは無料相談をご利用ください。

初回相談無料(時間制限なし)

相談予約受付時間:24時間(年末年始除く)

お電話でのお問い合わせ新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019

メール・FAX24時間受付

詳細はお問合わせ下さい。

守谷取手本部事務所
水戸ひたちなか事務所
つくば土浦事務所
日立北茨城事務所